プロフィール

ららいす

Author:ららいす
name: La Rice
Carbuncle鯖で隠居生活中。
主にヒラ3ジョブを扱ってます。
サブはナモ忍詩機召。

ララは操作するより見るのが好き。
気が向いた時に更新ちう。


FF14 ブログランキングへ

カテゴリ

オススメ記事

最新コメント

月別アーカイブ

アレキサンダー零式(起動・律動・天動)の感想

昨日、天動編4層のお手伝いで、学者で参加させていただき、無事クリアしました。
今回は奇数パッチが来る前に、白・占・学の全てのロールで天動編をコンプリートすることができました。

かなり落ち着いたので、アレキサンダー零式の個人的な感想や思い出を日記に綴りたいと思います。
title_154.png

起動編1層

3.xシリーズ初めてのレイドということで、1層は野良でのチャレンジになりました。
初見PTでファウストを超えるのに苦労したのも、今では昔の思い出ですね。
初クリアのときは募集でタンクが集まらず、戦士なら被ってもいいや、ということで戦士2構成でした。
起動編は1層からdpsチェックに引っかかることもあったので、そこに関しては正に零式だなと思わせてくれたと思います。


起動編2層

個人的に天動編を除けば最も簡単だったなと思う層でした。
こちらも初週に野良でクリア(リゼ日前日でお手伝いの方がいましたが)しました。
2層は動画予習をして、1セット+30分でクリアと、最も練習時間が短かったです。
ヒーラーとしては回復+攻撃以外ギミックがないので、タチコマとタンクが大変そうだなぁとずっと思っていました。


起動編3層

邂逅編からずっとレイドをやってきて初めて「これは野良じゃ無理だ」と思いました。
PSに信頼のあるフレ数人とともに、1~2層通しの野良へ通いながら固定メンバーを集めることに。
タンクと忍者、詩人、黒、白、学は固定が集まり、残るは近接1の半固定の状態で3層に通っていました。
意識したのは、DPS陣が火力を出すためのマクロ作りをすること。
ゆびさき処理はほとんどヒラとタンクが動いて処理するような形に。その他散開もDPS陣が攻撃しやすいように考えました。
起動編で最も時間がかかった層で、クリアまでの絶望度合いは最も高かったのではないかと思います。
私たちの固定が4層を超えた時期にも、鞄鯖では野良で3層越えはなかったので、3.xレイドの中で最も高い壁と言えます。


起動編4層

起動編4層で最も大変だったのは、脚3本目を雑魚1回で超えることだったかなと思います。
ヒラは雑魚無視で毎回MPが0にされる中、少しでも火力貢献しなければならなかったので、
自身のMPと相談しながら「気炎法」と「ルイン」を使い分ける最初で最後のレイドだった気がします。
起動編4層では、練習中「今週ガチでクリアするPT」なるものに誘われ、今までの固定活動と別にも練習させていただきました。
そのPTでは、土曜日には3~4セットこなすなど・・・。結局日曜日にクリアすることができました。
その翌週には、本来の固定メンバーとも共にクリア。10回クリアアチーブを達成して、起動の固定活動は終わりました。
ffxiv_20151104_231442.png
▲固定全員がマウントを獲得した際にはSSも撮りました(*´ω`*)


律動編1層

起動編での固定メンバーは数人が引退してしまったので(詩人さんはなんか別のゲームの大会でアジア2位とかなってました、すごい)、新たに数人補充して行くこととなりました。
ファウスト先生はやはり強かったです。確か越す前に2回時間切れになった覚えがあります(バフ回し変えたり試行錯誤)。
しかし、ファウスト先生のdpsチェックとは異なり、ボス自体の火力チェックはそうでもなく、2セット程度でクリアしたと思います。
当時は学者メインで、ゴリラ担当だったわけですが、「スプリントゴリラ」なるものを発見したときが一番楽しかった気がします。


律動編2層

固定の竜騎士が多忙でログインできなくなり、一時的に固定が解散まで至る自体に。
そういったこともあって、律動2層は初週でクリアすることができませんでした。悔しい。
新たに固定を組み直し、翌週の水曜日にクリアしたかな?と思います。
とにかく、ダメージが痛い。占学構成だったので、ケアルガやアサイズもなく、クリアするまでは少し大変でした。
やはりdpsチェックに関してはそうでもなかったですね。時間切れを見たのは1回だけでした。


律動編3層

鉄球にイライラさせられる層だったと思います。
特に夜はpingが悪いと鉄球が止まったり、ワープしてきたりするので、突然目の前に現れたりします。
こういったラグがもろに影響するギミックはあまり入れてほしくないなぁと感じます
また、ボスにつくハイテンションもまた害悪でした。
ヒーラーとしては、死人が出たりしても立て直しをすることが醍醐味なのに、それを潰されてしまっていますからね。
こういったものは個人的に少し嫌いです。全体範囲3連で鉄球当たって死ぬ人がいると何とも言えない空気になる(´Д`)
dpsチェックに関して言及するとかなりゆるゆるでした。時間切れは見たことありません。
最終フェーズをまともに練習せずクリアしたため、ちょっと壊滅したりして最終フェーズに突入してしまうともうgdgdでした。
基本的には最終に入る前に倒してしまおうという流れでした。


律動編4層

起動編3層とはまた違った意味で絶望するような感じでしょうか。
ハイトミス、カウントミス、チャクラム、フラッシュ…ギミック盛りだくさんで、またヒラではどうしようもないところが多いのもなんともいえないですね。
クリア前には結構メガビームに当たる人も多かったです。原理考えればマーキングがついた人も、頭割りに入る人もどこが安全地帯になるのかわかると思うのですが、なかなか伝えても伝わりにくい感じです。
運動会2回目はタンクLB3を使いました。もう脳死が楽ですね。あれは。特に火力が足りているのであれば…。
律動編ではVCを使っていたので、タイムラインを口頭で告げつつ、やっていましたが、それでも結構かかりました。
起動編はVC無しでもdpsチェックさえどうにかなればという層でしたが、律動はVC無しは相当きついなと思います。
ちなみに4層でもMTのPCが壊れてしまいログインできなくなるというトラブルも…。忍者の知り合いのMT(2層までしかクリアしてなかった)を連れて3層を1セットで突破させ、その週に4層もクリアするという…。
私達からすれば4層はやっとという感じですが、そのMTからすれば1週間で3-4層を突破してしまうという…。でも新しい暗黒さんは飲み込みが早かったです。
ffxiv_20160503_234707.png
▲律動の最終的な固定メンバーはキャラが濃かったです。後ろの2人はアンパンマン風と食パンマン風だそう。
消化段階になってくると3~4人は毎週のように幻想薬使って種族変更してました。



天動編1層

ファイナル・ファウストのファイナルじゃない感がすごかったですね(小並感)。
実は、フィールドの周りには煙突のようなもの複数があり、時間経過で水蒸気が出て来る煙突が増えてくる(恐らく全部の煙突から水蒸気が出たら時間切れなのでしょう)のですが、初めて倒したときからかなりの猶予がありました。
中のギミックに関して言えば、戦士と学者以外は特に仕事がないので、白占は回復と攻撃だけという感じ。
ただ、スクラップラリアットやダブルラリアットに当たってしまう人がたまにいますね。特にファウスト落下後のラリアットに当たる人の多さたるや(主に遠隔やキャスです)。タイムラインをしっかりと頭に叩き込んでいるかどうかの差がここで現れているような気がします。


天動編2層

タイムラインが比較的厳密なので、ヒーラーからしてみればクルセが入れられる場所と、回復しなければいけないばしょが明確になっていて分かりやすい層だなと感じます。
この層に限って言えば、いつもお祈りしているタンクが今度はお祈りされる側に感じます。
2層は、DPS陣がいくら死のうがどうとでもなるのですが、タンクはそうもいかない層でした。
特に、スイッチが下手なタンクは、それがモロにバレてしまうという箇所がありますね(今回の層は、特定の攻撃を受けたらスイッチではなく、特定の攻撃の詠唱がきたらスイッチなので、場所を覚えてしっかり待機しておかなければなりません。たまに忘れて挑発が遅れて、相方タンクが死んでしまうということが実際あります)。
雑魚取りに関しても、忘れてると確実にヒラが死ぬので、どこで偽兵がPOPするのか覚えて置かなければなりません。
タンク以外のミスに関しては、ヒラから見れば結構立て直ししやすいですね(全体ダメージも2回に分けてくることが多く、1回のダメージが低めなので衰弱の影響が少ない)。


天動編3層

照準が全てという感じですね。他はあまりミスりようがない要素なので。
不思議なのが、意外と大玉2個タイプの照準に当たる人が多いこと。ヒラの真反対にいるプレイヤーには回復が飛ばせないので、中央踏んでそのままスーパーホークブラスターで溶けるというdpsが実際います。
聞いてみると範囲の大きさが分かっていないようで、内側に入りすぎた、というプレイヤーが結構いますね。
橙線のあたりが範囲なので、一度みてしまえば案外範囲の大きさは分かりやすいです。
ffxiv_20161005_144049.png
あとは被ダメ上昇2スタックでスタンスoffのタンクとか、お手伝いとかでいたりしますが、ヒラのdpsの落ちようが半端ないので基本的にミスって被ダメ上昇つけてしまったのであればDFスタンスは入れて欲しいと思います。
ミスればミスるほど明確にヒラのDPSが落ちる層です。被ダメなければ竜巻に事前士気なくても余裕だったりするので。


天動編4層

天動編の固定はVC無しだったので、動画を見た時に「これキツいなぁ」と一瞬感じました。
固定メンバー向けにギミック1-4層全てで解説を作っていたので、少しでも楽にならないかと、クリア済として当時アップロードされていた動画を全て開き、デバフの付き方にパターンはないかなど、VC無しでもなんとか処理できるような形にしようとした結果、現在の攻略記事にかかれているようなまとめ方となりました。
最終フェーズを除けば一番時間がかかったのは前半のP1~雑魚フェーズなのではないかなと思います。
慣れてないがために重力や秘蹟に当たってしまう人も多かったですね。
最終フェーズを練習していた段階では、懺悔の法則(2回目移行は前の回から90度回した場所に現れる)というものをまだ見つけていなかった関係で、どうしてもタンクの誘導が遅れてしまいがちでした。
その日の練習後、懺悔の出方に法則性がないか、クリア動画と自分たちの練習動画をもとに確認を行いました。
まず、回目の懺悔は大体の動画で
「B-Cマーカのある場所にでているか、各マーカの赤円位置に出ている」ということを確認しました。
ということは、1回目は基本的に法則性はないものだとわかります。
その後すべての動画で2回目の懺悔の位置を確認したところ、1回目でB-Cマーカーの場所に懺悔が出現している全てのどうがで、2回目はAマーカーのある位置から出現していることに気づきました。
これだけでは偶然ということもありえるので、マーカーの間に出現している動画でも確認します。
「90度回転だコレェ!」となったのは、動画検証を開始してから約30分後のことでした。
この法則性を見つけたかいがあり、その後の1セットの3回目のチャレンジで無事クリアすることができました。

ちなみに、野良のお手伝いでは4ループ目のメガホーリー後「聖なる審判のカウントが入ったところでクリアしました。
ここが時間切れだとすると、3層より遥かにDPSチェックがぬるいように感じますね。

↑よろしければお願いします!(ブログ更新のモチベに繋がります)
コメント
78: by ななしさん on 2016/10/23 at 17:21:22

いつも攻略お世話になっています
某攻略ブログさんの方とおこめさんと両方参考にして攻略させて貰ってます
某ブログさんの方がギミック一つ一つ丁寧に解説がされているのだけれど、
おこめさんの方はタイムラインの把握がし易いという特徴があって、いつも両方参考にさせて頂いているのですが、
うちの固定は起動~天動に至るまで全てVCなしでやっている為、今回天動4層に限っていえば、おこめさんの方の攻略方法でないと厳しかったです
同じくヒーラーをしているので動画などいつも参考になってありがたいです

83: by ららいす on 2016/10/23 at 19:46:18

>>78さん
4.0以降のレイドに関してはどうなるか分かりませんが、今後ともお役に立てればと思います。
ありがとうございます。

検索フォーム

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

FFXIV権利表記

記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。
Copyright (C) 2010 - 2016 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

Twitter

RSSリンク

リンク

QRコード

QR

カウンター

Amazon

スポンサードリンク