プロフィール

ららいす

Author:ららいす
name: La Rice
Carbuncle鯖で隠居生活中。
主にヒラ3ジョブを扱ってます。
サブはナモ忍詩機召。

ララは操作するより見るのが好き。
気が向いた時に更新ちう。


FF14 ブログランキングへ

カテゴリ

オススメ記事

最新コメント

月別アーカイブ

【初心者~中級者向け】 インスタンスダンジョン(ID)向けタンク講座 中級編

タンク講座中級編です。
ジョブ習得~Lv50向けに作ってあるつもりです。

※インスタンスダンジョン(ID)向けタンク講座 初級編
http://okomeff14.blog.fc2.com/blog-entry-221.html


⑧ 徘徊型の敵に気をつける

中盤のIDからは、徘徊型の敵が出現するようになります。

徘徊型とは、マップの広い範囲を巡回している敵のことで、
一番分かりやすいのが、ハウケタ御用邸の「御用邸のメイド」が分かりやすいのではないかと思います。
こういった敵は、別の敵グループと戦闘中にやってきて、攻撃を仕掛けてくることもあるので厄介です。

高レベルであれば、戦闘中に徘徊の敵が追加されても、特に問題は無いのですが、
Lv50未満になると、回復が追いつかない状況が発生する場合があります。

そこで、徘徊している敵を遠くから呼び寄せたり、あるいは通常の敵を、徘徊型が近寄らない場所まで引っ張って戦闘する方法があります。
ここで活躍するのが、初級編でも登場した「挑発」です。

挑発は、シールドロブなどの遠距離攻撃系スキルよりも発動可能距離が長いので、遠くから敵を呼び寄せることができます。

ですが、遠くにいる敵は当然全員のヘイト値は0なので、挑発で稼げるヘイト値はたったの 1 となります。
そのため、挑発後に他プレイヤーが1発でも攻撃をしたり、ヒールをしたりすると、すぐにヘイトが奪われてしまいますので、
挑発で敵を釣った後、敵が近づいてきたらすぐにロブを投げるなどして敵のターゲットを固定しましょう。






⑨ 遠距離攻撃をする敵の対処法

IDには時折、遠距離から魔法攻撃をしてくるモンスターがいます。
近距離攻撃の敵と一緒にいる場合は、遠距離の敵に近づかないと、敵同士が離れてしまいます。

ここで初心者の方がよく陥りやすいのが、ゼーメル要塞で光の中に敵を引っ張ろうとしたものの、
遠距離攻撃の敵が近づいてくれないというものです。
これは、敢えて遠くへ逃げてから、敵の場所へ戻るという方法が有効です。

言葉にしても分かりにくいと思うので、下の動画を参考にして下さい。



また、遠距離系の攻撃は、壁に阻まれると発動できないため、壁をうまく使うと敵が近づいてくれます。
こちらも上の動画で確認してみてください。





⑩ スタンスとは

タンクは「攻撃スタンス」や「防御スタンス」というものを持っています。
スタンスとは、常時発動させることができるスキルのことで、発動させることで自身の攻撃力や防御力を上昇させることができます。

攻撃スタンスとは、自身の火力を上昇させるスタンスのことです。
ナイトは「忠義の剣」を発動させることで、自身のオートアタックにダメージボーナスを得ることができます。
戦士は「デストロイヤー」を発動させることで、自身の攻撃力を5%だけ上昇させることができます。
暗黒騎士には、現在この攻撃スタンスは存在しません。

防御スタンスとは、自身の火力を下げる代わりに、被ダメージを下げたり、HPを増加させたりできるスタンスです。
ナイトは「忠義の盾」、暗黒は「グリットスタンス」を発動させることで、被ダメージが20%低下します。
戦士は「ディフェンダー」を発動させることで、自身のHPを25%上昇させ、被ヒール量も20%上昇します。
どの場合でも、与ダメージは下がります(ジョブによって低下割合は異なります)が、全ての攻撃にヘイトボーナスが付くようになり、また、自身の命中率も上げることができます。

攻撃スタンスと防御スタンスはどちらか一方しか発動させることができません。
そのため、攻撃スタンスが発動中に防御スタンスを発動させると、攻撃スタンスの効果は消滅します。逆も同じです。




⑪ バフの使い方

タンクには、被ダメージ量を減少させるバフがいくつかあります。
例えば、ランパードは自身の被ダメージを20%減少させてくれます。

被ダメージを直接軽減することはできませんが、自身の受け流し発動力を上昇させるバフや、
自身のHPを増加させたり、クリティカルを防いだり、被ヒール量が上がるバフなど
結果的にパーティメンバーの負担を減らすことのできるバフがたくさんあります。

こういったバフを使うことで、ヒーラーの負担が減ります。
上手いヒーラーとあたれば、その分を攻撃に回してくれるので、結果として全体の効率が上昇します。

こういったダメージ軽減系のバフは、ボスの強力な攻撃に合わせて使用するのがいいと思いがちですが、
IDでは、複数の敵から攻撃を受ける雑魚戦の方でバフを使ったほうが、通しで見てダメージの軽減量が多くなります

特に、上級編で解説する「まとめ狩り」では、バフがないとどんどんとHPが減り、ヒーラーが全然攻撃参加できない
ということにもなりますので、バフは必須です。

以下ではバフの効果を紹介しますが、各スキルによって細かい効果やリキャストタイムは異なるので、
スキルを覚える度にしっかりと効果を確認しておきましょう。

①ダメージ軽減系
ランパード、センチネル、シャドウスキン、シャドウウォール、ヴェンジェンス、ダークマインドなど
被ダメージを割合で軽減することのできるスキルです。ダークマインドは魔法に対してのみ有効です。

②ブロック、受け流し効果UP系
ブルワーク、シェルトロン、原初の直感、ダークダンスなど
ブロック率や受け流し発動率を上昇させます。どちらも発動にはまず正面から攻撃を受ける必要があります。
原初の直感は、正面以外クリティカルヒットになってしまうマイナス効果も含まれています。

③被回復効果上昇系
コンバレセンスが該当スキルです。戦士の場合はマントラも使用できます。

④防御力UP系
フォーサイトが該当スキルです。

⑤クリティカル阻止系
アウェアネスが該当スキルです。敵の攻撃がクリティカルヒットしなくなります。
戦士の場合、原初の直感と併用可能です(効果時間が違うので注意)

⑥HP上昇系
スリル・オブ・バトルが該当スキルです。
このスキルは自身の20%分のHPが回復するので、回復にも使えます。

⑦HP回復系
クレメンシー、エクリブリウム、内丹(アディショナル)
自身のHPを回復させます。クレメンシーは他人を回復することもできます。
レアケースではありますが、ヘイト稼ぎにも使えたりします。

⑧HP吸収系
ブラッドバス、シュトルムヴィント、ソウルイーター、アビサルドレイン(ダークアーツ効果中)など
自身が与えたダメージに応じて自身のHPを回復させるスキルです。

無敵系スキル

無敵系スキルとは、敵の攻撃をまるで無敵であるかのように受けることができるバフです。
しかし、敵の攻撃の中には無敵を貫通する(バフがあっても死んでしまう)攻撃もあるので注意してください
(ただし、IDでそういったボスはほとんどないので、4人IDでは深く考える必要はありません)

◎ナイト「インビンシブル」
10秒間、すべての被ダメージが0になります。正に無敵といったスキルです。

◎戦士「ホルムギャング」
6秒間、HPが1未満にならないスキルです。どれだけ攻撃を受けても、HP1で耐えることができます。
もちろん、6秒経過後に何も回復などがないと次の攻撃で死んでしまうので注意しましょう。

◎暗黒騎士「リビングデッド」
10秒間の間に、HPが0になる攻撃を受けた場合、死なない代わりに「ウォーキングデッド」が発動します。
「ウォーキングデッド」発動中は、HPが1未満になることはありませんが、発動から10秒以内に、自身の最大HPと同じだけの回復をもらうことができなかった場合、死んでしまいます。
白魔道士は「ベネディクション」のみで効果を解除できるため、非常に相性がいいです。





⑫ ヘイトコンボ以外のコンボを使用する

レベルが高くなってくると、ヘイトコンボ以外のコンボを使えるようになります。
例えば、戦士であれば、「ヘヴィスウィング」→「メイム」→「シュトルムブレハ」などですね。

ヘイトコンボ以外のコンボでは、敵の与ダメージを減少させたり、自身の火力をUPさせるものなどがあります。
例えば、戦士の「メイム」は、使用することで自身の与ダメージが20%上昇するので、結果的に獲得できるヘイト量が上がり、より敵のヘイトを稼ぎやすくなったりすることもあります。

ヘイトコンボだけを利用するだけでなく、そういったバフやデバフを維持しつつ戦うことで、ジョブ本来の性能を100%引き出すことができます。
新しいスキルを覚えたらしっかりと説明を見て、使い方を覚えていきましょう。





⑬ ジョブごとの特徴を抑えよう

同じタンクロールでも、ジョブが違うと得意なことが違います。

ナイト

攻撃力が他のジョブより低い代わりに、高い防御力を持つ…というのがコンセプトですが、実際のところ強いのは物理防御に対してのみです。
残念ながら魔法攻撃に対しては軽減スキルが乏しいというのが実際です。

しかし、挑発などの、タンクに必要なスキルが多く含まれているのがこのジョブなので、タンクに慣れるのに一番手頃なジョブはナイトであるといえます。
スキルやバフも癖があるものはシンプルなので、非常に使いやすいです。
また、パーティメンバーを回復する魔法スキルなども持ち合わせています。


戦士

3ジョブの中でもっとも攻撃力が高く、8人コンテンツではSTに最適とされているジョブです。
かといって、MT適正がないというわけではなく、MTでも非常に高い防御力を発揮します。

IDの雑魚戦ではオーバーパワーが主力となることが多いですが、範囲系攻撃スキルのためTP消費量が多く、連打しすぎて気づいたらTP0になっていた、ということもあるので注意しましょう。
原初の直感は正面で攻撃を受けると必ず受け流し、それ以外だとクリティカルするというバフで、少し癖がありますが、こういったスキルをうまく使うことで、IDでも固いタンクとして立ち回れます。


暗黒騎士

「暗黒」という攻撃力上昇バフを常時発動させることで、MT時の火力が他2ジョブに比べて高くなるジョブです。

MPを回復する技と消費する技とを持ち合わせており、MPをうまく管理しながらスキルを回すことで、
防御スタンスが入っていても高い火力を出すことができます(当然攻撃スタンスを使うタンクには勝てませんが)。

また、暗黒騎士はリキャストの短い、魔法ダメージのみを軽減するスキルを持ち合わせている関係で、
魔法攻撃が多いボスなどに非常に強いです。
↑よろしければお願いします!(ブログ更新のモチベに繋がります)
コメント
212: by ななしさん on 2017/04/27 at 10:43:32

センチネルは20%ではなく40%カットだったかと。 20はランパート

213: by ららいす on 2017/04/27 at 19:56:16 (コメント編集)

>>212さん
ランパードのつもりで書いてセンチネルと書いてしまっていたようです。
訂正しました。ご報告ありがとうございました。

検索フォーム

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

FFXIV権利表記

記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。
Copyright (C) 2010 - 2016 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

Twitter

RSSリンク

リンク

QRコード

QR

カウンター

Amazon

スポンサードリンク