プロフィール

ららいす

Author:ららいす
name: La Rice
Carbuncle鯖で隠居生活中。
主にヒラ3ジョブを扱ってます。
サブはナモ忍詩機召。

ララは操作するより見るのが好き。
気が向いた時に更新ちう。


FF14 ブログランキングへ

カテゴリ

オススメ記事

最新コメント

月別アーカイブ

ゼロから始めるクラフター生活②

15話は絶望的でしたね。
第2回は品質と耐久について。

いよいよHQの製作に一歩近づいてきます。
今回は「品質」と「耐久」それぞれの概要について解説していきます。
クラフタークラスがLv50になって、どのように品質を上げていくかについては今後で。




品質とは。

品質は、工数とは違い100%にしなくても問題ありません。
しかし、この品質によって、アイテムが完成した時にHQになるかどうかの確率が変わってきます。

実際に品質を少し上昇させてみた画像が以下のようになります。
HQ率が3%と表示されているのがわかります。
ffxiv_20160714_110000.png


このように、品質を上げる事でHQ率が上がるわけですが、品質の最大値に対する現在値の割合と、HQ率は比例しません
下画像は、品質を最大値の50%程度まで上げた画像ですが、HQ率はたったの17%しかないことがわかります。
このように、高い確率でHQを作るのであれば、品質は上限近くまであげなければなりません。
ffxiv_20160714_110034.png


もちろん、品質上限に到達すれば、HQ率は100%になります。
ffxiv_20160714_110053.png


また、材料が全てNQの場合は品質は0からスタートになりますが、下のように素材にHQを用いると品質がある程度上がった状態でスタートします。
全ての素材でHQを用いると、最大値の50%まで品質が上がるように調整されています。
ただし、10個素材を用いるとして1個HQで単純に5%上がるのではなく、素材の難易度によってそれぞれ上昇値が異なります。
(つまり、簡単に揃えられる素材ほどHQを用意しても初期品質は大きく上がりません。)
ffxiv_20160714_110358.png


品質を上げる。

品質を上げるアクションには以下のようなものがあります。
※加工、中級加工、上級加工、インナークワイエット、グレートストライド以外のスキルは特定のクラスでしか習得できませんが、アディショナルに登録することで全てのクラスで使用できます。
各種スキルで上がる品質値は、「加工精度」とレシピとのレベル差が影響してきます。

加工 全クラスLv5

消費CP:18 成功率:70% 効率:100
基本中の基本スキルです。序盤はCPと耐久を相談しながら使えるだけこれを使うことになるでしょう。
成功率を100%にするには、調理師のステディハンドIIが必要になってきます。

中級加工 全クラスLv18

消費CP:32 成功率:80% 効率:125
加工の1.25倍の効率に対して消費CPが1.77倍…と加工よりもコスパが悪いスキルです。
その代わり成功率は10%上がっています。主に耐久的に1回しか加工系使えないけどCPが余っている…という場合に使うことになるかと思います。ただし、終盤ではほとんど使用しません。

上級加工 全クラスLv43

消費CP:48 成功率:90% 効率:150
適正Lvの製作で使うというよりは、自身より非常にレベルの低い制作物でHQを用意したい場合に使用することが多いスキルです。
後述するグレートストライドとの組み合わせで手っ取り早くHQが製作できます。

ヘイスティタッチ 調理師Lv15

消費CP:0 成功率:50% 効率:100
序盤からずっとお世話になるスキルです。成功率こそ低いですが、ステディハンドIIを使えば80%になります。
何よりもCPの消費が全くないというのが魅力的です。
Lv50以降の製作はCPの関係でこれをどれだけ使用でき、どれだけ成功するかの運ゲー勝負になってきます。

インナークワイエット 全クラスLv11

消費CP:18
このスキルを使用すると1スタックの状態が付与され、上記4種類の加工系アクションが1回成功するたびにスタック数が1増加します。
スタック数は最大11まで増加し、スタック数に応じて加工精度が上昇します。
つまり、加工系アクションを成功させる度に次の加工系アクションの効果を上げてくれるスキルになります。

ビエルゴの祝福 木工師Lv50

消費CP:24 成功率:90% 効率:100~
インナークワイエットのスタック数に応じて効率が上昇するスキルです。
スタック数が1増える度に効率が20増加します。使用後はインナークワイエットの効果が終了します。
インナーのスタック数を加工系アクションで増やし、締めにビエルゴの祝福を使用するのが定番の流れです。

グレートストライド 全クラスLv21

消費CP:32
次の加工系アクション(ビエルゴ含む)の効率を2倍にするスキルです。グレスラと略されることが多いです。
低レベルのグレスラ+上級加工で使ったり、ビエルゴの祝福に合わせて使ったりします。
バフは3ターンの間付与されますが、加工系アクションを1回使用すると効果は終了します。

イノベーション 彫金師Lv50

消費CP:18
効果は「3ターンの間加工精度を50%上昇させる」ですが、簡単にいえば品質上昇値が1.5倍になります。
グレスラと違い、3ターンの間に使った全ての加工系アクションに適用されます。



状態に注意する。

加工系アクションは、制作物の「状態」の影響を受けます。
状態とは、製作UIの左下に書かれているこの部分のことを言います。この状態は1ターン進む毎に変化します。
ffxiv_20160714_110103.png

状態には以下のような物があります。
①通常 … 加工系アクションの効果は1.0倍
②高品質 … 加工系アクションの効果が1.5倍になる。
③最高品質 … 加工系アクションの効果が4倍になるが、次のターン必ず「低品質」になる。
④低品質 … 加工系アクションの効果が0.5倍になる。最高品質が来ない限りこの状態にはならない。

また、「高品質」「最高品質」の状態に限り以下のアクションが使用できるようになります。(マイスターは省略)

集中加工 全クラスLv53

消費CP:18 成功率:70% 効率:100
効率やCP消費は加工と同じですが、このアクションを成功させるとインナークワイエットのスタック数が2増加します。

秘訣 錬金術師Lv15

消費CP:0
CPを20回復します。状況に応じて秘訣を使用するか集中加工を使用するかを選択する形になります。

ビエルゴの技巧 全クラスLv51

消費CP:18 成功率:70% 効率:150~
インナークワイエットのスタック数に応じて効率が上昇するスキルです。
スタック数が1増える度に効率が10増加します。使用後はインナークワイエットの効果が終了します。
高品質以上でしか使用できないので通常のスキル回しに組み込みにくく、ビエルゴの祝福を使ったほうが効率も良いため、ビエルゴの祝福を覚えてない状態で製作終盤に運良く高品質が引けたら使用することになるスキルかと思います。


耐久とは

さて、品質について学んだところでもう1つ気をつけなければならないのが耐久です。
耐久は作業系アクション、加工系アクションを使用すると10低下し、0以下になると製作に失敗します。
(0になると同時に工数が100%になれば失敗にはならずアイテムが完成します。)
ffxiv_20160714_181552.png

耐久は特定のアクションの使用することで最大値を超えない範囲で回復させたり、
耐久が減少する各種アクションによる耐久値の減少を抑えることができます。

マスターズメンド 全クラスLv7

消費CP:92
耐久が即時に30回復します。

マスターズメンドII 全クラスLv25

消費CP:160
耐久が即時に60回復します。

マニピュレーション 彫金師Lv15

消費CP:88
3ターンの間、ターン終了時に耐久を10回復します。
耐久の回復はターン終了時なので、効果中に耐久を消費するアクションを使用すると耐久10低下→耐久10回復という流れになります。
つまり、耐久が10以下の時にこのバフを使用して耐久を消費するアクションを使用すると、一時的に耐久が0になってしまうため製作に失敗してしまいます。この場合、耐久が10になる前に予め使っておくか、耐久を消費しないアクションを使用する必要があります。

倹約 革細工師Lv15

消費CP:56
4ターンの間、耐久の減少を半減します。
基本的に耐久は1アクションにつき10消費するので、これが5になるということです。
4ターン中3回耐久減少アクションを使用する場合と、4回使用する場合とで、全体で使用できる耐久減少アクションの回数は変わりません。(耐久が残り5でも耐久10消費アクションが使用できるため)

倹約II 革細工師Lv50

消費CP:98
8ターンの間、耐久の減少を半減します。
8ターン中7回耐久減少アクションを使用する場合と、8回使用する場合とで、全体で使用できる耐久減少アクションの回数は変わりません。(耐久が残り5でも耐久10消費アクションが使用できるため)



レベル上げ Lv15~30

少しでも品質を上げて完成させると、製作でもらえる経験値にボーナスがつくようになります。
そのため、作業系アクションを何回使用すれば工数を満たすか分かっている場合には、余る耐久分を加工などのアクションに回し、少しでも品質をあげるといいでしょう。
ただし、ここからはCPにも気をつけなければ、肝心な時にCP不足でアクションが使用できない…なんてことがあります。

この当たりのレベルからレシピ埋めだけではレベルが上がりにくくなります。
ここからは、グランドカンパニーの軍需品調達も積極的に使用していきましょう。
各クラス1日1回しか納品できませんが、非常に多くの経験値を取得することができます。
ffxiv_20160714_174625.png
↑コンテンツ情報の調達任務で確認でき、毎日午前5時に更新されます。調達自体は所属するグランドカンパニーの納品担当のNPCに話しかけて行います。★がついていると取得できる経験値と軍票が増加します。

リーヴを活用していくのも1つの手ですが、Lv30未満から積極的に活用すると、Lv50までのレベル上げでリーヴ100枚では恐らく足りなくなると思います。リーヴをこの段階で使うかどうかはお好みというところです。





さて、クラフターの基本の解説はもう少しで一段落するといったところです。
次回は作業系、加工系、耐久回復系以外のアクションについてと、レベル上げについてのお話です。
それ以降は、スキル回しの考え方などの応用編になってくるかと思います。
↑よろしければお願いします!(ブログ更新のモチベに繋がります)
コメント

検索フォーム

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

FFXIV権利表記

記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。
Copyright (C) 2010 - 2016 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

Twitter

RSSリンク

リンク

QRコード

QR

カウンター

Amazon

スポンサードリンク