プロフィール

ららいす

Author:ららいす
name: La Rice
Carbuncle鯖で隠居生活中。
主にヒラ3ジョブを扱ってます。
サブはナモ忍詩機召。

ララは操作するより見るのが好き。
気が向いた時に更新ちう。


FF14 ブログランキングへ

カテゴリ

オススメ記事

最新コメント

月別アーカイブ

パッチ4.2 コンテンツ記事

★次元の狭間オメガ零式:シグマ編

1層 2層 3層 4層前半 4層後半

パッチ4.0&4.1 コンテンツ記事

★次元の狭間オメガ零式:デルタ編

2層 3層 4層前半 4層後半 4層白向け(後半)

★絶バハムート討滅戦

タニアネール プライム 2体&金バハ

極神竜討滅戦

1年間ありがとうございました。

2017年も今年で終わりですね!

今年は次元の狭間オメガ:デルタ編と絶バハムート討滅戦の記事を中心に書かせていただきました。

デルタ編はトップ勢に大きく後れを取ることなく初週に攻略することができ、
比較的早い段階で攻略記事を出すことができたのでよかったと思います。

絶バハムートについてはギミック自体は5150の方々の配信等を見てギミックを解析した方々が、
比較的早い段階でロドスト等に解説を書いていたと思いますが、
自分自身が実際にやってみて気づくこともあると思ったので、自分でギミックを突破してから書くような形にしました。
休日に体調を崩すことはありましたが、仕事は休むことなく、時間を上手く活用して3週間でクリアに到達できて良かったです。
Twitterでも多くの方から祝福のメッセージをいただきました。嬉しかったです。本当にありがとうございます。


さて、2018年は次元の狭間オメガの第2弾であるデルタスケープが1月下旬に、
第3弾がおそらく8月下旬~9月上旬に実装されることと思います。
そして、新たな絶シリーズがファミ通さんの記事を見る限りではパッチ4.3で実装となりますね。

次元の狭間オメガについては攻略&記事どちらもやっていきます。
次回絶シリーズについては攻略しないので、解説記事等は書けないと思います。
この動画が参考になるとかこのロドスト記事がおススメとか、書くかもしれませんが、
やってないのにおススメできるのかどうか甚だ疑問なので、次の絶がどんな風になるかによると思います。


なお、起動編、律動編、デルタ編、絶バハを攻略してきた固定(メンバーの入れ替わりは都度ありましたが)が
この度メンバーの大多数の参加が厳しくなり、また代わりのメンバーも居ないことから解散になりました。
シグマ編は既に新しい固定に入れてもらいましたが、ワールドの都合でサブキャラで攻略することになりました。
よって、サブキャラの攻略が終わってから、メインキャラは野良でゆっくり攻略していくことになると思います。

これまで固定一辺倒でしたが、今回は野良に参戦することもあるので、
できるだけ野良でもやりやすいことを重視して記事を書いていくことを目標にしたいと思います。
ffxiv_20171231_003438 - コピー
▲今必死にサブキャラのレベルを上げています。




2018年、私にとっては転機のある1年になると思います。
といっても、恐らくパッチ4.4のオメガシリーズを攻略した後になると思うのでまだまだ先の話ですが…
また、その時になったら記事を書こうと思います。

と、いうわけで…
来年もどうかよろしくお願いします!

◎この記事のコメントで、シグマ編の攻略記事とかにこういった記述が欲しいとか要望書いておくと反映されるかも…?
↑よろしければお願いします!(ブログ更新のモチベに繋がります)

近況と今後について

近況



先日、東京で忘年会という名のオフ会をしてきました。

DRKXjUGUMAA9aW8.jpg
絶バハ攻略を共にしたメンバーに加えて、計12人での忘年会です。
私は次の日仕事だったので、一足先に帰りましたが、楽しい一時を過ごしました。
顔が映らないように写真取るのって難しいですね・・・


個人的な活動としては最近SS加工に手を出しています。
今まで画像は攻略記事書くぐらいであとは全てグループポーズでどうにかやってきたので、本格的なSS加工は初めてですが・・・。

記念すべき1作目。
星芒祭加工

いわゆるぼかしや色合いって、グループポーズでも結構できるんですが、
髪と服が干渉してるところとか、そういうのは手直ししないとどうにもならないので、そういったところを修正できるのはいいですね。
実際、上の画像でも、邪魔な草を消したり、髪の毛を書き足したりして調整しています。

下が元画像です。比較してもらうと結構違ってると思います。
加工前

ただ編集したところは目を凝らしてみると粗が目立ちますね。ここは今後上達していきたいところです。



今後について

次回実装される絶シリーズの攻略は、ほぼ99%やらないと思います。

今回の絶も、内容の発表までやるかどうか迷っていたところでしたが、
やはりバハムートと聞いたらやるしかないということで、挑戦していました。

しかし実際毎日のように絶に縛られると、別にやりたいこともなかなか消化できず、
エオルゼアだけでなく、リアルの方にも支障がでてしまいました(体調も崩してしまいました)。
今回は仕事に空きがある時期だったので、それでもリアルの方では他人に迷惑かけることなく業務をこなせていましたが、
最近本格的に忙しくなってきたので、このままのペースでいくと確実に無理です。

次元の狭間オメガの方は、仮に攻略が遅くなってもやるつもりでいます。

オメガの攻略記事に関しては、前回のデルタ編でもジョブの散開位置について多方面からあれこれ言われていたので、
年末あたりに、こういう散開が必要な場合どう散開するのがいいですか?みたいな、
基本的な部分についてのアンケートを取って方向性を決めておこうかなと思います。

ただやはり特殊なバラけ方をする必要が有る場合は固定で採用したものそのままになる可能性もありますが。
あとデルタの時はできるだけ早く記事を書く(内容よりもスピード重視)というつもりでいましたが、次回は記事に充てる時間をもう少し増やして、内容とスピードのバランスをとっていこうと思います。


今も年末の仕事締めに向かって休日出勤などなかなか忙しい日々を送っていますので、もしかしたら今年はこの記事が最後になるかもしれません。

来年も何卒よろしくお願いします。


↑よろしければお願いします!(ブログ更新のモチベに繋がります)

【絶バハムート討滅戦】クリアするために…(固定向け)

絶バハ実装から1ヶ月と5日が経過しましたね。
タニア・ネールを必死にがんばっている人、プライムまでいった人、金バハまで到達した人
進捗は様々ですが、私の固定での経験をもとに(こうしたら良かったなと思ったことも含めて)書いていきます。

現在攻略記事は金バハまで書きましたので、その修正とこの記事、あとはヒラ向け動画で絶バハ関連は完結ということで。


ネールまで安定して越せていればDPSチェックは問題ない

金バハの火力チェックがかなりキツいという話も聞きますが、
基本的にタニアとネールをある程度安定して越せているのであればDPSチェックは問題ないと思います。
須藤神も無理な人は序盤で潔く帰っていただく旨の発言をしていましたが、
タニア → ギミックは控えめ、木人を殴る時とほぼ同じ程度のDPSが出せるかどうかのチェック
ネール → 木人同等と言わないまでも、極力DPSを落とさずギミックを処理できるかのチェック
とそれぞれしっかりとした役割を持っていると思います。ですので、この2フェーズが安定しているのであれば、大丈夫でしょう。
金バハはプレッシャーとの勝負です。もしタニアネールを越せているのに金バハは…というPTはただ単に金バハが慣れていなくて詰められてないだけだと思います。
勿論、タニア&ネールを越せてるから大丈夫と慢心しないで、日々PS向上へ努力できればクリアはもっと近づきます。

ただし、死人がいないのに時々時間切れになるといった場合はいけなくは無いと思いますがかなり至難かな…。

参考程度に言っておくと実際に私の固定でタニア序盤の2回目ツイスター&FBはスキップしたことがありませんし、
2割ぐらいの確率で最後のデスセンテンスがスキップしていませんでした。



安定しているギミック処理法を無理に変える必要はない

たくさんの動画や解説で、いろいろな方法が解説されていますが、
今安定して処理できている方法を無理に変える必要はありません。

約3分という短いフェーズ毎に時間が設けられているので、やり方を変えたところでDPSの足りないPTは足りないままでしょうし、
時間切れしないPTはどの方法を採用しても時間切れにはならないでしょう。実際それでクリアされているわけですからね。
この方法を採用したらDPSが足りるようになった!というのはあったとしても最終Pの金バハか、タンクLBを近接LBまたはキャスLBに変えた時ぐらいです。



ギミックが苦手な人を簡単な場所に配置する

具体的には以下のギミックです。
・黒炎の三重奏の塔優先度
・天地の三重奏で入る塔
・連撃の三重奏のシェイカー捨て位置(2人ぐらいなら場所固定にさせてあげられます)

天地の序盤の練習では、4番目の塔を担当するプレイヤーが何度かミスすると思いますが、
序盤はマーカーを塔と勘違いしたり、慌てて数え間違えたりすることがあると思います。
しかし10回程度試行しても全然安定しない…という場合は、他の人と交代した方がいいと思います
特に「あ、自分できそうだな」と思った人は積極的に声掛けしてあげてください。

連撃のシェイカーは2人程度は位置固定にできます(1回目でも2回目でもマップ東側に行ってもらう…など)
ギミックの特性上最大4人まで固定化できますが、そうすると他4人の難易度が無駄に上がって余計難しくなると思います。

なお、天地の塔担当入替えと、連撃の2人のシェイカー位置固定は、実際に私の固定でも採用しています。
特に後者は固定でしか採用が難しいと思いますので、固定の強みを是非活かして下さい。


先のフェーズを早く越すために、決められることは決めておく

まだ黒炎越せてないのに群竜の打ち合わせしてる…
みたいな話も聞かなくはないですが、先のフェーズを早く越すためには、決められることは予め決めておくことが大切です。

Twitterで固定のシートを晒しましたが、このシートはW1stの動画が上がった2日後には既にほとんど完成されています。
先のフェーズに進むほど、一定の時間で試行可能な回数は限られています。
「初めて群竜見た!」 嬉しい気持ちは分かりますが、その初めて到達した回も貴重な1回です。
初めて到達した時点で動きを確認できるようにするためにも、予め先のギミックについて決めておくことは無駄ではありません。

ただし、今練習している場所が全然安定しないのに先のことばかりに話を割きすぎるのは非効率です。
話し合いの時間を、どれだけ今練習しているギミックに割いて、どれだけ先のフェーズについて話し合うのか… 時間配分が大切ですね。

私の固定が金バハに到達する前に、既に金バハに到達していたPTをいくつか知っていましたが、
一気に追い抜いて金バハを2日で終えられたのは、事前の綿密な打ち合わせ(軽減、バフ、薬etc)が功を奏したと思います。
クリアまで約90時間ですが、その1/4~1/5は話し合いに使かったかなぁ…。と思います。



PTDPSは団体戦

◎DPSなら…
バフのタイミングなどを個人各々で決めてはいませんか?
例えば竜騎士のドラゴンサイト、同じ機工士に入れるとしても、その機工士がそのタイミングでワイルドファイアを使えるか使えないかで全然効果が違ってきます。
もしかしたら、そのタイミングで使うなら近接、あるいはキャスへ使った方が効果が高いかもしれません。
機工士は強いですが、他人への依存度も高いので、騙しなどのバフのタイミングによってDPSは結構変わってきます。
タニアやネールあたりではこのあたりは無くても越せてしまうので深く考える必要はないですが、2体フェーズ・金バハあたりはしっかりと話し合うべきだと思います。


◎タンク・ヒラなら…
タンクとヒラのDPSは表裏一体です。
いくらタンクがヒーラーにDPSを出してもらおうと防御スタンスを入れても、攻撃スタンス時とヒール回しが変わっていなければただの損になってしまいます。
バフが厚いのに無駄に回復するのもロスですし、逆にバフが薄い時に攻撃しまくっていたらタンクを落としてしまうかもしれません。

最低限、タンクのバフ回しはタンク・ヒーラーで共有しましょう。
勿論タンク同士、ヒラ同士の話し合いも重要です。

タンク、特にナイトの場合はベンションがあるので、MTがバフ薄い場面で使うと効果的です。
ヒーラーはアビリティの使い所などについて、ある程度お互いに把握しておきます。ヒール回しを変えようと思ったら、相方ヒーラに事前に教えてあげておくと良いでしょう。



まとめ

頭をひねればいろいろと出てきそうなのですが、とりあえずパッと頭に思い浮かんだのだけ。
固定はギミックの処理法を独自のものにしても融通が効くのが利点ですので、それを活かしていきましょう。

↑よろしければお願いします!(ブログ更新のモチベに繋がります)

【絶バハムート討滅戦】2体フェーズ&金バハ タイムライン・ギミック解説

タニア&ネール 2体フェーズ


ここまで来ているのであれば、セリフでミスすることは早々無いと思われる。どちらかというと慣れるまでツイスターを忘れてしまうということの方が多いと思うので、タニアをフォーカスしておくと良い。
なお、HPはネールが45%、タニアが40%となっているが、これはネールの最大HPがタニアより低いためであり、HPの量でみればほぼ一緒である。
タイムライン 解説
プラメット
5連クロウ
タニア持ちにプラメット、ネール持ちに5連クロウ。
プラメットは前方範囲のため、タニア持ち以外は巻き込まれないように注意する。
ヘルリキッドx5 一定距離離れているプレイヤーからランダム1人に向かって使用。1発撃つごとに対象判定がある。
全員がタニアから一定範囲内にいると、その中からランダムに選ばれたプレイヤーに向かって使用する。
魔力錬成x3 玉が3つPOP。DPS4人から3人ランダムで選ばれる。
ツイスター(タニア) 4人対象。誰が対象かは実態にプチ竜巻が出るまでわからない。
セリフ セリフは全部で4パターン。3つの攻撃が順番に来る。
①我、よりを備え 舞い降りん!
ルナダイナモ → アイアンチャリオット → レイヴンダイブ

②我、より舞い降りて 赤熱せし地を歩まん!
ルナダイナモ → レイヴンダイブ → サーミオニックビーム

よ、赤熱せよ! 舞い降りし我が刃となれ!
アイアンチャリオット → サーミオニックビーム → レイヴンダイブ

よ、舞い降りし 我の刃となり赤熱せよ!
アイアンチャリオット → レイヴンダイブ → サーミオニックビーム


最初は必ず「ダイナモ」か「チャリオット」であり、セリフの頭を見れば判別できる。
また、最後は必ず「サーミオニックビーム」か「レイヴンダイブ」である。
ツイスター(タニア) 4人対象。
セリフ3つ目の攻撃が来たらすぐに詠唱を開始する。
メガフレア(ネール) 全体ダメージ。士気・ヘリオスだけだと即死級。最低限リプライザル程度の軽減は必要。
デスセンテンス
レイヴェンズビーク
デスセンテンス:対象に「斬耐性低下」
レイヴェンズビーク:対象に「突耐性低下」
タンクがお互いに持っているボスを挑発で交換する。
なお、2つのスキルの詠唱時間が異なるため、「詠唱開始」のタイミングは異なるが「詠唱終了」のタイミングはほぼ同時である。よって、片方が詠唱を開始したからといってすぐ挑発してしまうと、もう片方の詠唱が始まる前にターゲットを取ってしまう可能性がある。
しっかり2体が詠唱をしているのを確認してから挑発すること。

また、シャークを使うと挑発したはずの敵が相方タンクへ移動してしまうので絶対使わないこと。
最初に戻る 1ループ目はメガフレア→デスセン&ビークであるが、
2ループ目は順番が入れ替わり、デスセン&ビーク→メガフレアとなる。その他のタイムラインは同じ。
2ループ目のメガフレア終了後はAA以外の攻撃は無く、バハエーテル100で時間切れとなる。




処理の流れ ①中央←→外周法

2体を中央付近で固定し、魔力錬成の詠唱が終わったタイミングで外周へ移動させ、
1ループ目のみ偶数回ツイスターが終わったら中央へ戻す方法。
この方法を採用する場合は、拘束具を三角形に置くことをオススメする。

魔力錬成を中央付近でPOPさせることにより、3人とも玉処理→ツイスター回避という処理の流れにすることができる。
ただし、リキッドの誘導が若干シビアとなることと、移動時に気をつけないと消えていないツイスターを踏んでしまう場合がある。

◎初期位置
zetubahap7-1.png
拘束具が三角形(BCD位置)の場合で説明する。逆三角形の場合、180℃向きを反転させて考えれば良い。
ボスの初期位置は中央であるが、リキッド誘導を確実にするため、中央より若干南側にする。
(中央より北にタニアを配置してしまうと、外周へいってもリキッドを誘導できる距離にならない可能性がある)
タニアは南に向け、ネールはネール持ちのタンクがプラメットに巻き込まれないよう横に向けておく。
誘導者は北へ位置取り、四角い枠で囲まれている範囲に捨てる。残りはタニア背面側に位置取る。

◎魔力錬成詠唱後
タンクは玉処理の範囲に当たらない位置まで外に2体を引っ張る。ヒラは外で2ヶ所に別れる。
玉処理の拘束具は、3人の位置を固定し、1人が他のDPSを見て開いている位置に入る方式が良い。
リキッド誘導が玉も判断するのは、移動できる距離を考えると非常に難しいので、近接とリキッド誘導者を固定する。
(つまり、レンジがリキッド誘導であれば必然的に玉判断はキャスの担当となるだろう)
タンクは奇数回ツイスター処理後(セリフ前)、チャリオットを避けやすいように、ボスは北に向けて立つのがよい。
zetubahap7-3.png


処理の流れ ②外周固定法

2体を最初から最後まで外周で固定する方法。
この方法を採用する場合は、拘束具を逆三角形に置くことをオススメする。

zetubahap7-5.png
①と比較するとリキッドを確実に誘導することができ、移動も少ないためツイスターを踏むことも少なくなるが、
2体と反対側にある拘束具で玉を処理するプレイヤーは、ツイスターを捨ててから拘束具に入る必要がある上、
位置に気をつけないと近接2ヶ所の拘束具で玉を処理しているプレイヤーに自分の玉をぶつけてしまう可能性がある。


セリフ処理 ①②共通

◎ルナダイナモ
zetubahap7-4.png
近接・タンク・学者はネールに近づいて回避し、白・遠隔は外へ逃げて回避するのが良い。

◎サーミオニックビーム(頭割り)
zetubahap7-8.png
ダイナモ→頭割りというパターンは無く、チャリ→頭割りはある、ということを考えると、中央位置が最適。
直後がツイスターの場合、8方向に回避する方法を決めて外周に向かって走る。

◎レイヴンダイブ
zetubahap7-7.png
他人を巻き込まないように。直後がツイスターの場合、安全を重視するなら近接も外へ向かって回避したほうがよい。


最終フェーズ 金バハ


ギミック解説

タイムライン 解説
モーン・アファー ランダム対象1名に対して頭割りの範囲攻撃。
非常にダメージが強力で、バリアが士気/ヘリオスのみなら30%軽減は無いとタンク以外は死んでしまう。
アク・モーン MTとMTに最も近いプレイヤー1名で頭割りが可能な攻撃。
3人以上はいると3人目以降は1人受けした時の同じダメージを受ける。

1発目の威力が最も高く、その後ほんの少し間を置いて最初より威力の低いものが2~5発連続で来る。
最初は1発目と2発目以降をあわせて合計3発、詠唱の度に1回増えて最大で6発となる。

開幕ホルム受けする場合、詠唱バーの「アク・モーン」の「・」あたりで使うこと。
また、最後のアク・モーンをナイトがインビン受けする場合も同様である。
リビデの場合は1発目着弾からのカウントなのであまり気にする必要はない。
エクサフレア 東西南北とその間の計8ヶ所を基準に、対角に向かって順番にAoEが発生する攻撃。
AoEは横に6ヶ所となり、2ヶ所同時で3回に分かれて出現する。
エクサフレアの詠唱バーが「エクサフレア」の文字に被る瞬間に1発目の予兆が表示される。
絶対にエクサが1度も通らない場所は無い。回避方法は様々である。

このギミックは如何に早く自分が最も回避できる可能性の高い避け方を見つけることができるかが攻略の上で最も重要である。
個人ギミックである故、以下のやり方だけに囚われず、自分が「このやり方だったら回避できる!」という方法を見つけ、その方法で回避するのが良い。

①斜めに避ける
第1群の横のAoE前で待機し、第1群の2発目の着弾を見たら隙間から入っていくパターン。
この場合どの回避方法を使用しても避けることができる。
zetubahap8-1.png

②突っ切る
W1stのタンクと近接が採用していた方法。AoE前で待機し、1発目の着弾を見たら外周へ移動する。
中央2ヶ所のAoEのどちらかでのみできる方法のため(他4ヶ所では無理)、真ん中2ヶ所が第1群になってしまうとこの方法による回避は非常に難しくなる(AoEの前に移動しておかなければならない)
近接・タンクの動きを合わせることができるので、PTDPSの面では効果的。
zetubahap8-2.png 

③横に避ける
第3群の位置で待機し、第1群の1発目を見たら避ける方法。回避は非常に余裕がある。
回避の余裕こそ無いが、第2群から第1群へ回避することも一応できる。
端2ヶ所以外の場所でなら、このやり方を採用できる。
zetubahap8-3.png
時間切れモーン・アファー ヘイト1位に対してHPの200%分のダメージ。頭割りではない。
死なないプレイヤーが出た場合、連続で使用してくる。
よって、分散して1人ずつ食らうことで、最大8回使うまでワイプにならずに済む。

また、ヘイトの高い順に順番に来るため、タンクはヒーラーにシャークをしておくことで、ヒーラーのヘイトを押し上げて、DPSより先にヒーラーが狙われるよう仕向けることができる。
また、STは自身に挑発しておくことで、2番目に死ぬよう仕向けることができる。



タイムライン

モーン・アファーの軽減回しはジョブ構成によって大きく異なってしまうため、アク・モーンの回しのみ記載する。 なお、DPS構成が、近接2レンジ1キャス1であることを前提としている。
タイムライン 解説
モーン・アファー
アク・モーン ナ暗:(ナ)ランパ&アポカタ (暗)ランパ&DAマインド
ナ戦:ホルム
暗戦:ホルム
エクサフレア
アク・モーン ナ暗:リビングデッド
ナ戦:(ナ)ランパ&アポカタ (戦)ヴェンジェ&ベンション
暗戦:(暗)ランパ&DAマインド (戦)ランパ&アポカタ
モーン・アファー
エクサフレア
モーン・アファー
アク・モーン ナ暗:インビンシブル
ナ戦:(ナ)センチ&ブルワ (戦)ランパ&ベンション
暗戦:リビングデッド
エクサフレア
モーン・アファー
アク・モーン ナ暗:(ナ)ランパ&センチ (暗)ランパ&ウォール&マインド
ナ戦:インビンシブル
暗戦:(暗)ランパ&ウォール&マインド (戦)ランパ&ヴェンジェ
エクサフレア
モーン・アファー
時間切れモーン・アファー

↑よろしければお願いします!(ブログ更新のモチベに繋がります)

絶バハムート討滅戦 クリアまでの道のり

ffxiv_20171119_035719.png

2017/11/19 3:50 絶バハムート討滅戦制覇

実装から間もなく1ヶ月、ようやく踏破しました。
1ヶ月以内にクリアできたらいいなぁと思っていたので、なんとか目標達成です。

TwitterでもRT/いいねに加えてたくさんのリプライを頂いています。本当にありがとうございます(´ω`)
今回は固定PTでのクリア時のギミック処理法など、ちょっと書いておこうかなと思います。

攻略記事は未だに編集途中なのは、野良やVC無し固定向けの処理法を考えるのがなかなか難しいからです。
もういっそそのあたりは考えずに書いたほうがいいのかもしれませんが…。
いずれにしろ、金バハまで含めて記事は完成させますので、もう少しお待ち下さい。


↑よろしければお願いします!(ブログ更新のモチベに繋がります)

検索フォーム

カレンダー

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

FFXIV権利表記

記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。
Copyright (C) 2010 - 2016 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

Twitter

RSSリンク

リンク

QRコード

QR

カウンター

Amazon

スポンサードリンク